MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
11
 
私は模型関連の新情報には疎いんですが、
今回は珍しく新しい素材のレビューみたいなものをお届けします。

その前に・・・

何ヶ月も続く気泡地獄に嫌気がさして、
なんとか少しでも楽にならないものかと少し前にコレを購入しました。

14121.jpg

WAVEの「黒い瞬間接着剤」です。
みなさんとっくにおなじみかと思います。

私は食わず嫌いしていて、今回初めて購入しました。
で、これがなかなか好感触でした。

もともと「制作途中状態も美しくなければならない」を信条とするM&K。
「黒なんて見栄えが悪いじゃん」って感じで避けてたんですが、
今回の気泡埋めのような作業には視認性抜群。
下の画像のような際どい箇所でもしっかりと確認しながら作業できます。

14122.jpg

言うほど高粘度という訳でもないので、小さい気泡にも入ってくれますし、
ロックレーザーと違って瞬着なので食いつきも抜群。
僅かではありますが、気泡埋め作業も効率が上がりました。

で、今回の本題。
 
ガイアノーツの「瞬間クリアパテR」です。

14119.jpg

↓このパッケージの説明。

14120.jpg

もう、今の私のために開発されたと言っても華厳の滝ではない。
これは試すしかないでしょう。

実は以前から販売されていた「瞬間クリアパテ」は随分前から持ってます。
が、「ゼリー状瞬着と何が違うの?」って感じでほとんど使ってませんでした。

今回のこの「R」はそれとは全くの別物と言う触れ込みなので期待大です。

で、使ってみた感想ですが・・・


まず意外だったのが粘度。
私の感覚だと「サラサラ」といっていいくらい。
なので盛り付け作業などには難がありますが、
小さい気泡にも良く入り込んでくれて私にはありがたいです。

硬化にはアルテコのスプレープライマーを使っています。
シュッと吹くと、すぐに半硬化、削れる状態になります。
黒瞬着は吹いてから半硬化までに若干のタイムラグがあってイライラします。

ただでさえイライラする作業をしているので、感情の沸点が低くなっているのです(笑)。
黒瞬着がダメだと言う訳ではありません。

で、半硬化状態だとなかなかの切削性。
黒瞬着も半硬化だとそこそこの切削性なのですが、固まりきると瞬着ならではの硬さになります。
クリアパテRは半硬化状態が長いのか、完全硬化してもなのか、切削性の良さが結構持続します。
まあ、どちらもロックレーザーの切削性には及ばないんですけどね(笑)。
ホント、食いつきさえ良ければね・・・。

このクリアパテRは瞬着なので当然食いつきは抜群。
ロックレーザーと違って安心して整形作業ができます。

素材自体は透明で、視認性は良くありません。
繊細な作業がしづらいというのもありますが、
ブログでの「やってます」アピールに不向きなのが痛い(笑)。

黒瞬着はアピール度バツグン(笑)。

14123.jpg

「色」については人によって作業によって長所短所になりますので仕方ないですね。

正直価格は高いと思いますが、試す価値のある素材だと思います。
特に私のような苦労をしている方には(笑)。

あ、ひとつだけ欠点を言うと・・・


使って3日くらいでキャップがバカになった(笑)。


お高い製品なので、その辺もしっかりしてくれるとありがたいです。

そんな訳で、現在は「黒」と「R」を併用して気泡埋め作業を進めています。
効率は上がりましたが、気泡の数が減った訳ではないのでまだまだゴールは見えません。

相変わらずブーブー言いますが、引き続き頑張ります。

※上記レビューはあくまで私の個人的感想ですので、
 参考程度にしていただければ幸いです。


To Be Continued →


 
    23:18 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
Comment
2014.12.12 Fri 11:48  |  Fino(フィノ) #OsUMKdiU
どーもー、Finoです(^-^)

おぉ!M&Kさんが素材のレビューしてる~(*´ω`)

いや…とっても参考になりましたよ!
うん、「黒」と「R」の併用がベターの様ですね…つか、Finoはどっちも持ってないんですが(;´∀`)

Finoは瞬着系はタイのコンビニで売ってるやつで全てを賄ってます(^_^;)
これが意外とちょうどいい粘度で使い勝手がよくて重宝してます(*´ω`)

でもM&Kさんのレビュー見たら両方買って使ってみようかな…という気になりました(*´ω`)

しかし…あらためて「黒」で気泡埋めした写真みるとゾッとしますね、見てるだけでガクブルです(;´Д`)

Finoなら100%投げ出してるレベルですよ、コレ…(;´∀`)

地味~な作業が続いて精神的ストレスは想像を絶するかと思いますが、引き続き頑張って下さい(^_^;)
  URL  Edit
2014.12.12 Fri 20:59  |  M&K #JalddpaA
Finoさん、こんにちは〜!

近年は模型関連の工具、素材も色々と便利なものが出てますよね。
自分は疎いんですが、調べれば他にも便利な物はあるのかもしれませんね。

この二つは自分が使った感じではおすすめです。
瞬着は人によってベストな物が違ったりするかもしれませんが、
色々なバリエーションを持って適材適所するのも良いのかなと
最近になってようやく思うようになりました(笑)。

つまらない作業はできるだけ楽にやらないとね(笑)。

引き続き頑張ります!
  URL  Edit
2014.12.12 Fri 22:32  |  かさばる兄さん #-
M&Kさん、こんばんは!
瞬間接着剤にも色々で、なんだかおもしろいw

この記事読んで、モデグラの広告にあった瞬間接着剤を思い出したので、一応報告〜
RED TECHという名前のコクヨの瞬間接着剤はどうでしょう?
(いいのかどうかはわかりませんが)
なんか、塗ってから3分くらいは赤で、そのあとは光に反応して10分〜20分くらいで透明になるんだって。
黒に続いて赤も足してみちゃう?w(なんの作業だw)
  URL  Edit
2014.12.13 Sat 01:15  |  M&K #JalddpaA
かさばる兄さん、こんにちは〜!

おおっ!そんなものが!という事で早速検索してみました。
youtubeの動画もありましたよ(笑)。
これはなかなか興味深い素材ですね〜。

グラムあたりの価格は高いけど400円程度なので試してみてもいいですね。
いっその事サフ前の全体像、七色でいくか!(赤は消えちゃうけど)

貴重な情報、ありがとうございます!
  URL  Edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます    Edit
2014.12.16 Tue 21:49  |  M&K #JalddpaA
秘コメ様、コメントありがとうございます。

今回のリックディアスは細密且つ凹凸の激しい箇所が多く、
そういった部分にも容赦なく気泡や欠けが存在します。
普通の瞬間接着剤は硬化後にレジンに比べてかなり硬くなってしまうので、
そういった箇所に使用するとロックレーザーよりも遥かに整形に手間がかかります。
また、私が使用している瞬着だと気泡ができやすいため、
せっかく整形してもやり直しの頻度が高いです。

そんな理由で「普通の瞬着」は極力使用しないようにしています。
もちろん、「黒」や「R」の導入前でも食いつきが必要な箇所はありましたので、
その際は「普通の瞬着」も使いました。
現在は「黒」や「R」で事足りていますので「普通の瞬着」は使っていません。

シアノンに関してはディアス製作以前から気になる素材だったのですが、
価格が高く、入手性が良くないので見送っていました。
でも試してみたい素材ではあります。
普通にショップで買えるといいんですけどね。
(私が行く所には置いてないんです・・・)

本文でも書いていますが、私は模型関連の情報には疎いので、
ご助言、感謝いたします。
また何かありましたらコメントいただけると幸いです。
この度はありがとうございました。

引き続き頑張ります!
  URL  Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://mguc.blog46.fc2.com/tb.php/406-f8d8c493
2017-11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。