MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
26
 
前々回に述べた腕の改修ポイント。

2:腕付け根が胴体に近すぎる

今回はこれについてお話しします。
随分前に述べた肩付け根フレームの延長もその一つです。
そしてもう一つが今回の工作ポイント。

下の画像はキットノーマルのパーツです。

CIMG5307.jpg

そしてこれはアニメの設定画。
黄丸の部分をキットの画像と見比べて下さい。

CIMG5306.jpg

キットはグレーのブロックが設定画に比べて随分胴体寄りにあるのがわかると思います。
これにより、上述の「腕付け根が胴体に近すぎる」状態になっている訳です。

要するにキットはより「人型」に近いんですね。

なので、何度も言ってますがキットはこのままでちゃんとカッコいいです。
ガンプラのセオリーどおりのカッコ良さを求めるなら、
わざわざ苦労して改修する必要は無いと思います。




では工作開始(笑)。




方法については色々と(嫌になるほど色々と)模索したんですが、
結局肩アーマーのダボ穴を移設するというベーシックな工作に落ち着きました。

真鍮線で補強しながら、外側に3mm移設。

CIMG5246.jpg

それによりグレーのブロックが肩内部に干渉するので、クリアランスを確保。

CIMG5251.jpg

でも、グレーのブロックの削り込みだけで対応できた気もします(笑)。

で、そのグレーのブロック。

CIMG5293.jpg

実は2回もリテイクしてます(笑)。
我ながら情けない。

で、こうなりました。

CIMG5304.jpg

より設定画の雰囲気に近付いたと思います。
下側のスペースを狭くすると、更に設定画に近いですかね。
まあ、目的は形を似せる事ではないので。

「形を似せる」と「イメージを似せる」は必ずしもイコールではないですよね。

このキットのモールドはそういう意味でとても残念です。
デザイン画稿のモールドの「匂い」がいまいち再現されてない。
そんな気がします。

お台場の等身大ガンダムは敢えて頭部を大きめに作っているらしいですね。
そのほうが、下から見上げた時にバランス良く見えるからだそうで。

まさに「形」と「イメージ」。


ああ・・・見たいなあ・・・。

それではまた。
 
    01:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://mguc.blog46.fc2.com/tb.php/277-cbf66417
2017-10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。