MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
29
 
完成祭り第五回は改修ポイントの解説その三です。
では最後の脚部、いってみましょう。

kaisetu05.jpg

◎リムの部分にプラ板でディテール追加
 腕部同様。

◎動力ケーブルを市販のスプリングに変更
 腕部同様2。

◎ヒザ、一部フレームが露出している箇所をプラ板で修正
 MGズゴックの定番工作みたいですね。

◎ヒザ下アーマーの合いの悪さ、歪み、ぬるいエッジを徹底的に調整
 何も変わってないように見えますが、かなり時間をかけています。
 滑らかでシャープなラインになるよう調整しました。

◎足首内側にプラ板にてディテール追加
 装甲の補強材状のモノを計8個作って貼り付けたんですが、
 黒く塗装したせいもあり完成後はさっぱりわかりません。

◎ヒザに後ハメ加工を施し、フレームの合わせ目消しを可能に
 失敗しなくて良かったです(笑)。

◎ニーパッド内側にプラ板と金属球でディテールを追加
 先端をランナー継ぎ足しと削り込みでシャープに

 一度作ったモノが気に入らなくてリテイク。
 でも、あんまりキレイではありません。

◎側面、装甲の隙間から覗く部分にプラ板でディテール追加
 友情パワーでゲットしたエバグリプラ板が活躍(笑)。
 そのプラ板を貼った部分の幅と、装甲側のデカールの幅を揃えています。
 こういった気配りが作品の精度を上げると信じてます。

◎のっぺりしたフレームの足首部分に各種素材でディテール追加<
 とりあえずゴチャゴチャした感じに。
 完成時のチラリズムを狙って微妙に装甲からはみ出るようにしたんですが、
 ズゴックは俯瞰で見るほうがサマになるので効果はいまいちでした。

◎足側面の段差を消し、0.1mmエッチングソーでスジボリ
 シャープに深く彫ったので、スミ入れはしていません。

◎足裏にプラ板と金属球でディテールを追加

◎足裏スクリューパーツのエッジを旋盤加工でシャープに
 スクリュー部分を立体的に彫り込み

 衝動的に彫ってしまい、かなり汚くなってしまいました。
 頑張って修正したんですが・・・汚いです。
 一番見られたくない所はココかしら(笑)。

こんなもんかな。
脚部は形状変更等していないのに相当時間がかかりました。
とにかく元のパーツの精度が甘かったです。

あと、全身各所に排水口としてピンバイスで三連穴を開けています。
手軽な工作ですが、全体の統一感が出て気に入ってます。

さて、改修ポイントはこれで全部だと思います。
せっかくなのでデカールについても改めて書き留めておきます。

貼付点数はフレームに46点、外側に150点、計196点(うろ憶え)。
全てMDプリンターを使用した自作デカールです。

自作にあたり、小さいコーションも含め全ての文章を作成、
196点全てのデカールに意味を持たせてあります。
ちなみにフレームはドイツ語、外装は英語です。

また、貼り付けたデカールは全て研ぎ出しで段差を消してあります。
四回にわけて、慎重に、入念に、作業しました。
四次研ぎ段階でデカールを削った時は泣きました(笑)。

あっそうそう、最終トップコートなんですが、
改良再発売されたばかりのクレオスUVカットクリアーを使用してみました。
ちょっと癖がありそうですが、イイ感じにはなったと思います。

これで制作について語るべき事は全てだと思います。

さて、全ての工作を終えて、反省点も見えてきました。

まず第一に「制作期間が長すぎる」(笑)。
一つ作るのに一年超もかかっていては、
一生かかっても作りたいモノを作りきることはできません。
MGクラスでもせめて半年くらいで完成させたいです。
段取りや作業の効率アップが最大の課題です。

第二に「トータルコンセプトの欠如」。
素組みのつもりでスタートして、なんだかんだでこの結果。
最初からもう少ししっかりとした改修プランを練るべきですね。
素組みで満足できる性格でない事は良くわかりました(笑)。

そして最後に「経験不足」。
当たり前ですね。
雑誌やネットでノウハウは十二分に予習していたつもりですが、
実際に手を動かしてみて初めてわかった事が数多くありました。
特に塗装のクリアランスには泣かされました。
今回の経験を活かして、次回作は更なるレベルアップを目指したいです。

まあ、でもね・・・今回のこの作品、とても気に入っています。
反省点や後悔している部分も多々ありますが、
一年三ヶ月の苦労は無駄ではなかったと改めて思っています。

作品を眺めて「自分が悦に入る」事ができるかが創作において一番重要。

これは私が学生時代に教授からもらった一番印象深い言葉です。
今、私はこのズゴックを前にして、とても悦に入っています。
この喜びは、必ず次回作へのモチベーションになる事でしょう。

と言う訳で、作品解説はこれにて終了です。
皆さん、お付き合い下さいましてありがとうございました。


でも、完成祭りはまだ終わりませんよ(笑)。


次回は、友人宅で行われた完成記念披露会の模様をレポートいたします。

yokoku06.jpg

それではシーユーアゲイン!
    23:15 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
Comment
2007.05.30 Wed 00:47  |  メガネ #-
仕事が忙しくて何日ぶりかで覗きにきたら・・・凄いですね!!
一気に読んでしまいました(笑) 
細部にこだわりを貫き通した感じがでていて、とってもいいですよ!!もう僕なんか見習わなきゃいけないところばっかりです(汗)
こちらはそろそろ全体の筋彫りに移ろうかなという段階です。かなりM&Kさんの作品をみてモチベーションが上がってきましたよ!!
次回作がかなり楽しみです♪
Non Title  URL  Edit
2007.05.30 Wed 18:17  |  Ω-natto #-
ゲップ!
もうお腹いっぱいでちゅw
いやはや、このっ!根っから完璧主義者がっ!w

悦に入る...ちなみにこのカニで僕ら外野も悦びに入ったよ^^


....感動をありがとう!


くさっ~^^;
Non Title  URL  Edit
2007.05.30 Wed 19:29  |  waki #-
悦に入りすぎて昇天しませんようww

・・・感動のフィナーレはこの後すぐ!
チャンネルはこのまま!
Non Title  URL  Edit
2007.05.31 Thu 00:10  |  M&K #JalddpaA
>メガネさん
どもです~。
嫌がらせのような長文ですみません(笑)。
長々と続いたズゴックもいよいよフィナーレなので、
もう少しだけお付き合い下さいませ。

メガネさんも丁寧に制作続けてるみたいですね~。
完成したら拝見したいんですが、ブログは作りませんか~?

>Ωさん
ぶっちゃけ申し訳ないと思っとります。
まあ、これも「縁」だと思って、もうしばらく辛抱を(笑)。

>wakiさん
昇天してますよ(笑)。
もう、な~んにもやる気になりません。
ブログネタが無くて解説を長引かせた訳ではないけどね(笑)。

P.S.1
今回の予告画像ワザとダサダサに作ったのに誰も触れてくれないのね。
ボケたのに突っ込んでもらえない二流芸人の気分だ(笑)。

P.S.2
本文中に書くの忘れてたけど、UVカットクリアーは
瓶に出してちゃんとエアブラシで吹いてますです。
Non Title  URL  Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://mguc.blog46.fc2.com/tb.php/165-93ed5b4f
2017-08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。