MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
30
 
昨日は午後から何とか晴れ間も見えてきました。

と言う訳で、待望の「赤」の塗装です。

◎塗装レシピ [C]クレオス、[GC]ガンダムカラー、[G]ガイアノーツ、[F]フィニッシャーズ
赤=[C]レッド+[G]EXホワイト+[G]蛍光ピンク+[C]パープル

下地の白や上半身のピンクは色がなかなか乗らず苦労したんですが、
今回の赤は実に気持ちよく色が乗っていきます。
ミストの状態も比較的見やすく、作業も快適です。

ぶっちゃけ塗装は「辛い」というイメージを持ち始めていたんですが、
赤を吹く事で初めて「楽しい」と感じました。
そして「シャア専用機を作ってるんだなあ」って喜びも。

プラチナの扱いに慣れてきたのも大きいかもしれません。
以前は手首が痺れてきて難儀していたのですが、
今は長時間握っていても大した疲労はありません。

ピンクでは10回だった吹き重ねも6回で終了。
2日間で30近い赤パーツを全て吹き終えました!
(装甲パーツは乾燥後にマスキングして裏をグレー系で吹く予定です)



う~ん、気持ちいい!
いやホント、実にいい「赤」だ。
我ながらウットリします。
画像で正確な色をお伝えできないのが残念です(笑)。

しかし、調子に乗って鮮烈にしすぎたような・・・。
ピンクとのコントラストは尋常ならざるモノになってしまいました。

ちょっと組むのが怖いですが、とにかく進めていきます。
スキルも無いのにあれこれ脳内で考えていても仕方ないですからね。

さあ、次は延期していたフレームグレー。

・・・これがまだ決まってなかったりして(笑)。
    23:29 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
 
28
 
さあて、いよいよシャア専用の「赤」を吹く時がやってきました。

その前に、本日は「赤」について駄文を少々。

皆さんご存知のとおり、指定のシャアカラーの「赤」は
赤と言うよりワイン色です(それも結構汚い感じの)。
オレンジと汚いワイン色のツートンのモビルスーツでは、
「赤い色のモビルスーツ!?」なんて名台詞は成立しません。

と言う訳で、ピンクに続き「赤」も自分のこだわりで調色する事にします。

今回、理想の「赤」を模索すべく、いくつもの赤い塗料を購入しました。
そしてそれを様々に混色し、40回以上に及ぶテスト塗装をしました。

その、徒労を惜しまない努力の結果、導き出された回答・・・。


・・・・・。


クレオスのフツーの赤、最高!ヽ(゚∀゚)ノ

いや~イイ色だわ、コレ。
ちょっと白を足せば、ほとんど俺の理想の赤じゃん。
フィニとかの高い塗料を買ったのは全くの無駄だったよ。

いや、しかし、まてよ・・・。

心の中の葛藤:
なんつ~かさ~、塗装のレシピってさぁ~、スーパーイタリアンレッド何%になんたらホワイト何%にスーパーなんたらコバルト1滴とかさぁ~、なんかそ~ゆ~玄人っぽい事書きたいじゃん。クレのレッド+ホワイトじゃあさぁ~「小学生か!」って突っ込まれそうだしさぁ~。でも色的にはそれで充分なんだよなぁ~。ど~しよ~かな~。いっその事それっぽく嘘書いちゃおうかなぁ~。どーせ画像じゃわかんね~んだし・・・。

・・・・・。

いかんいかん!

私は今、悪魔と契約するところでした。

正直に書きます。
クレの普通のレッドでいきます。

クレのレッドをベースに、前回のピンクでチョイスした塗料を加え、
ピンクとの親和性を高める方向で調色いたします。

前置きが長くなりました。
では、コネコネと調色開始。


・・・・・。


いや~イイ色だわ、コレ!!

主観的に見て、今まで作った40以上の赤の中で最高ですわ。
これなら迷い無く塗装に励めそうです。

よお~し!やるぜ!

って・・・明日は雪ですって (;´Д⊂ヽ。
    23:28 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
 
25
 
きっと君は来な~い~♪
一人きりのクリスマスイ~ッ♪


・・・・・。


サンタキタァーーーーーヽ(≧▽≦)ノーーーーーッ!!



ううう・・・こんな私の所にもサンタが来ましたよ(;´Д⊂。
貧しくとも、清く正しく生きていて良かったです。

てゆーか、やっとまともなピンセットが手に入ったよぉ~(涙)。
これでプラ板プリン!ってやるのも少なくなるかなぁ~(泣)。
ホコリを取るのも楽になるかなぁ~(号泣)。

サンタさん、ありがとぉーーーーーっ!!

※私信
兄さん、コメントが行き違いになってしまいました!
(相変わらず1日に2回コメントできないのです)
アドバイスありがとうございます。
スキルが無いのでこの先不安ですが、
とにかく進めていくしかないので頑張ります!

しかし「ホネホネロック」、凄すぎてコメントする言葉が見つかりません。
でも、そこにシビれる、憧れるゥ!(笑)
    23:48 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
 
24
 
本日は、いよいよピンク部分の本塗装です。

何カ月もかけて作り出したパーツにやっと色を乗せるわけで、
ワクワクドキドキ、そして非常に感慨深いものがあります。

さて、その前に今回の調色について持論を。

一般的に、いわゆる「シャアピンク」と言うのは、
黄味がかった「オレンジ系のピンク」というのが定番ですね。
確かにこのズゴックの指定色も赤+白+黄少量となっています。

しかし、ザクやゲルググではスッキリ決まるこの指定色も、
ズゴックの場合はちと問題があります。

それはシャア専用ズゴックのアニメの配色設定のバランスの悪さにあります。
ピンク指定は頭と上半身のみで、ここにオレンジ系を配すると
非常に浮いた感じのカラーバランスになります。

と言う訳で今回は、他の「赤」の部分との親和性を第一に、
黄味を極力排した「純粋なピンク」をイメージに調色します。

ただ「親和性を第一に」とは言え、「赤」に色を近づけ過ぎて
全体が「真っ赤」になってしまうと、まさに茹でガニ。
季節柄、年末年始の食卓に供されてしまう怖れがあります。

色相は「赤」に近づけ、明度でメリハリをつける。
今回の「ズゴックピンク」はそんなコンセプトでいこうと思います。

・・・って色々能書きたれてますが、要は「自分の好み」って事で。
最大の課題は「俺のスキルで自分好みの色が作れるか?」であります(笑)。

◎塗装レシピ [C]クレオス、[GC]ガンダムカラー、[G]ガイアノーツ、[F]フィニッシャーズ
ピンク=[G]EXホワイト+[G]蛍光ピンク+[C]パープル

では作業開始・・・

・・・・・。

白下地の恩恵でサクサクと進むと思ったんですが、
結局今回も10回くらい吹き重ねてます・・・。
終盤、外が暗くなり始めて焦って終了。



なんとかピンク部分は吹き終わりましたが、今日の成果もパーツ4個・・・。
越年は確実ですね・・・。

画像では白っぽいですが、実際はかなりえげつないピンクです(笑)。
少々やり過ぎかなって気もしますが、
全ての塗装を終えて組んでみないとバランスはわからないですね。

まあ、自分で言うのもなんですが、そこそこイイ感じに吹けたと思います。
奮発して買ったフィニのピュアシンナーのおかげかな(笑)。
    23:30 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
 
21
 
今回は珍しく徒然日記です。

MGストライクフリーダムの販売がいよいよ始まりましたね。
私が復帰して以降にこれだけ話題になったガンプラは初めてなので、
今回の「騒動」は非常に楽しく且つ興味深く眺めております。

2ちゃんなどでは徐々に祭り状態になってるみたい。
色々話題になってたフルバースト版も入手困難って程ではなさそうで、
ヤフオクなんかでも少しずつ値崩れの気配が。

どっちにしろ限定品では無いので、とりあえず私はスルーです。
キットの内容や、色んな方々の作例を見て「ウズウズ」したら考えます。

でもぶっちゃけ「種」ってほとんど見てなかったんだけどね(笑)。

そんなMGストフリより、来年発売のR3版エルガイムMk-2。
テストショットが公開されてますが、私はこっちにメロメロです。

やはりズゴックの次の「デカモノ」はコレか!?

ますます「MGUC」から遠のいていくなあ(笑)。
    23:41 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
 
20
 
まとまった時間がとれない時にチマチマとガザを進めています。

幅詰めした太股は、付け根にプラ板を貼り付け2mm延長。



膝関節パーツは全周ノーモールドで味気ないので、
0.3mmプラ板を1mmの短冊に切り出したものを
フレームっぽく貼り付けていきます。

前と・・・

SANY1804.jpg

後ろ。

SANY1805.jpg

この作業中に1×1.5mmのプラ板をプリン!
3回ほどカーペットの上に飛ばしてしまいました・・・。

しかし、執念の捜査の甲斐あって3回とも無事身柄を確保。
作り直したほうが早かったことは誰にも言えない秘密です(笑)。

こういった細かい作業はとても楽しいですが、とてもイライラします。
モデラーって変わった人種だと我ながら思います(笑)。
    23:26 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
 
17
 
雨は大丈夫そうだったので、チョットだけ塗装です。

本日は6本の爪など、白い部分。
これらはサフの上から直接本塗装です。

繰り返す!これは演習ではないっ!

ってヤツですな。

今まではずっと下地でしたが、いよいよ本番です。
チョットだけドキドキします。
まあ、爪ごとき最悪ドブ漬けでやり直してもいいんですが。

しかし、爪は早い段階で表面処理を終了していたので、
今の私の基準で見ると小傷や歪みが目立ちます。

でも、これらは修正しません。
「ああ、この頃の俺の処理は甘かったなあ・・・」
なんて振り返ることができるよう、戒めとして残します。

◎塗装レシピ
白=EXホワイト+ガンダムカラーブルー12(0.3滴)+EXブラック(0.2滴)

さあ、塗装開始!

・・・・・。

う~ん、やはりなかなか色が乗らない・・・。
隠蔽力が売り物のEXホワイトですらコレですか・・・。
なんだかんだで10回吹き重ねました。

何回も吹き重ねているため、
ブースのフィルターの目詰まりも尋常じゃないです。
無駄に消費している塗料やシンナーも相当な量です。
3.5~4倍(目分量)で希釈してるんですが、
Ωさんのアドバイス通りチョット濃くしようかな。

まあ、これからは薄い下地に濃い色を重ねる工程なので、
今ほどの苦労は無いでしょう・・・と思う・・・思いたい(笑)。

とりあえず大きなトラブルもなく終了。



こうやって地道に進めていきましょう。

さて、次回はフレームグレーを吹く予定だが、
実はいまだに調色で悩んでたりして(笑)。
なにせ、とある場所でカッチョいいギャンを見ちまったからなあ。

それはさておき、本日のオマケ画像。

SANY1812.jpg

親ガニの完成を待ちわびる子ガニ。

早く並べてやりたいモノです。
    23:47 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
 
16
 
本日、やっと装甲の下地塗装が終了しました。

こんなに手間と時間がかかるものだとは思いませんでした。
明日は天気悪そうだし、コリャまだまだかかりそうです。

塗料も予想以上に消費してます。
調合したピンクが途中で無くなり焦りました。
これが下地じゃなかったらと思うとゾッとします。

大瓶のEXホワイトも既に半分近く消費。
次はファンデーションホワイトにしようかな。
そういえばクレからも高品質の塗料が出るんだよな。
そっちも試してみたいものだ。

あれこれ考えるのは楽しいんですが・・・

明日は地道に吹いたパーツのホコリ取りかな。
    23:44 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
 
14
 
どうも同じ日に2回コメントしようとするとエラーが出るみたい・・・。
Ωさんが以前言ってらしたトラブルも同じかしら。

と言う訳で、今回は特別編。
私信です。
てゆーか、ファンレター(笑)。

拝啓、n.兄さん

兄さんなんて呼んじゃっていいんでしょうか?
初めて兄さんのサイトを拝見した時の衝撃はいまだに忘れません。
私が漠然と抱いていた理想を、
遙かに高い次元で実践している方がそこにいました。
私にとってn.bloodさんは二大天上人のお一人なのです。

そんな方にこうしてブログや作品を見ていただき、
コメントまでしていただいている光栄。
本当、ただただ感謝です。

ウェブの流行にひっぱられない「自身の自信」とエンジョイ

兄さんの作品こそが、まさにその代表ですよね。
この玉言、肝に銘じます。

そしていつかn.bloodさんにマジツッコミを入れて貰えるレベルになる事。
それが今の私の目標であります。

・・・・・なんか恥ずかしい事ツラツラ書きましたが、
要するに「これからもよろしくお願いします!」って事です(笑)。

これからも一生懸命、そして楽しく、頑張ります!
    23:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
10
 
抜けるような青空の下、いよいよ塗装開始です!

まずはパーツの最終洗浄。
29回サフを吹いたと言う事は29回洗ったと言う事で・・・
これでパーツ洗浄も最後かと思うと感慨深いものがあります。

窓際で暖かい陽射しを受けながらの洗浄は気持ちがいいです。
思えば水も冷たくなってきたよなあと、
製作期間の長さに思いを馳せたり(笑)。

では始めましょうか!

まずは下地塗装です。
直前まで悩みましたが、ピンク部分は白、
赤い部分は薄いピンクで塗ることにしました。

白はガイアのEXホワイト。
ピンクはそれにフィニのリッチレッドを少々。

さあ、上手くいくでしょうか?
頼むぞ!我がプラチナよ!

数時間の格闘・・・

初めてと言う事もあり、あまりはかどりませんでした(笑)。
サフと違ってやり直す訳にはいきませんから慎重第一です。
(下地だからやり直せばいいのかな?)

しかし、徐々に色が乗っていくのは気持ちがいいですねえ。
やはり塗装は楽しいです。

気がつくと外は薄暗く。

さ・・寒っ!!

こりゃ、真冬の塗装は命にかかわるな・・・。
皆さんはどうしてますか?

◎私信
>n.bloodさん
ブログの調子が悪くてコメントできず、ここにて失礼します。
コメントありがとうございます!
もし気になる点などありましたら、ビッシビシ突っ込みお願いします。
コアファイターの画像で寒さも吹っ飛び、やる気も200%UPです。
頑張ります!
    23:22 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
 
08
 
長々と続いた「サフ吹き&表面処理」のカテゴリーも
ようやく今回で最終回を迎える事ができます。

と言う訳で、サフ画像のアップです。

アップ・・・なんですが、こんな形でごめんなさい。



手足はキットの構造上、リムのパーツを接着しないと
ハメる事も外す事も非常に困難なのです。
なにせダボは仮組みの段階でユルユルにしてしまったので・・・。

SANY1632.jpg

まあ、MSの製造途中って感じでイイんじゃないの、と自己弁護(笑)。

SANY1644.jpg

SANY1665.jpg

三脚も駆使し、色々と撮影したんですが、
いまひとつ思ったように撮れませんでした。

SANY1692.jpg

200万画素のオモチャデジカメだから仕方ないんでしょうか。

SANY1704.jpg

しかし、仮組み以来およそ10ヵ月ぶりに組みましたが、
やはりMGは迫力がありますねえ。
久々に完成へのモチベーションが高まりました。

さあ!いよいよ待望の塗装だ!

って、週末雨かい・・・。
    23:46 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
 
05
 
残っていた修正も終わり、
やっと表面処理が全て完了しました。

結局、まるまる5ヵ月かかってしまいました。
サフを吹いた回数は29回・・・。
既にギャグの領域です。

一部の修正のために何度もサフを吹き、
その周囲がサフで厚ぼったくなってしまったり・・・。

まるで「サフの豪雪地帯やぁ~!」(ひこまろ)です。

私の尊敬するあるモデラーさんは、
「サフは最終チェックのみ」とおっしゃってます。
私も早く、その領域に辿り着きたいです。

さて・・・お次はサフ状態の撮影です。
これも初めての体験で、実にワクワクします。

が、そのための三脚を購入し帰宅したら、これが不良品・・・。
翌日また交換に出向く始末・・・。
そんなこんなでまだ撮りきれておりません。

しかし、写真は恐ろしいですね。
粗を隠してくれる事もあれば、
気付かなかった粗が見えたりもします。

例えば、前回アップした画像・・・。
黄線の部分が歪んでいます。



恥ずかしながら、作業をしている時には全く気付きませんでした。
で、改めて現物をチェックしたら、確かに歪んでる・・・。
さすがに修正しました。

他にも色々と出てきそうですが、もう修正はやめにします。
いつまでも一つの作品にこだわっているより、
いいかげん先へ進んだほうがスキルアップに繋がりそうです。

と言う訳で、次回はサフ画像のアップです。

本当ですよ(笑)
    23:14 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
 
04
 
こんな有様になってしまいました・・・。
もう後戻りはできません。



で、1mmプラ板の5枚重ねを挟んで貼り合わせます。

SANY1480.jpg

切断面で1mm程削れているので、4mm程度の延長になります。

さあ、頑張って削り出しだ!

もちろん、ズゴックの合間にね(笑)。
    23:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
02
 
太股に続いて、膝下も接合面で幅詰めします。

膝関節、足首、甲アーマーを挟み込む構成なので、
クリアランスを確認しつつ慎重に作業を進めます。
幅詰め量は約2.5mm。



なかなかイイ感じです。

しかし・・・まだ脳内の理想とは隔たりが・・・。

・・・・・。

うおりゃあああぁーっ!!!

SANY1474.jpg

いいのか俺!?

絶体絶命以下次号だぜ!
    11:58 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
01
 
ついに表面処理が終了しました!

が、問題点が2つ・・・。

◎その1

頭部装甲の時もそうだったんですが、
いざ写真に撮ると、気がつかなかった粗が見えてきました。
いちいち修正していたらキリが無いんですが、
一つだけ見逃すわけにはいかない所があります。

画像を見て下さい。



囲った部分、エッジが丸まってます。

実はコレ、制作初期の頃に自分で削ったんです・・・。
完成後の塗装の剥がれを懸念して、安全策のつもりでした。

今では何て愚かな行為だろうと思ってます。
画像を見ていても、気になって仕方ありません。
と言う訳で、ここだけは修正します。

◎その2

これまで写真はバカチョン(死語)デジカメを手で持って、
手ぶれバリバリで撮ってました。
せっかくここまで頑張って作ったのだから、
せめて三脚くらいは使ってやろうと思います。

と言う訳で、買ってきます(笑)。

何もかも初めての経験なので、
新たなステップに入る度に色々と必要になりますね。
    23:29 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
2006-12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード