MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
23
 
ズゴックのサフの合間にガザを進めます。

説明書の順に従い、今日は頭部です。
頭部は素組みでいくつもりです。
ガザは早く完成させたいので、
できるだけ手を掛ける箇所を少なくしたいのです。

ペーパーを手に、ゲートやヒケを処理します。

シャリシャリシャリ・・・。

「う~ん、いまいち形が気に入らないなあ・・・」

番手の荒い当て木ペーパーに持ち替えます。

ガリガリガリ・・・。

「う~ん、もっと大胆にいきたいなあ・・・」

ペーパーからリューターに持ち替えます。

ウィ~ン、ガリガリガリ・・・。

「うん、カッコ良くなってきたぞ・・・もう一息かな・・・」

念のため瞬着で裏打ちをして、更に削り込みます。

ウィ~ン、ガリガリガリ・・・。

「おお!イイじゃない!」

しかし、これだけ大胆に削って形状変更したんだから、
逆に足すべき所には足したいよなあ・・・。

で、こんなんになりました。



接着剤が乾いたら削り出します。

あれ?
頭部は素組みでいくはずでは??
    23:26 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
21
 
股間の改修はゆっくり練るとして、ひたすら表面処理の毎日。

しかし最近、正体不明のピンホールがあちこちに出現して、
その修正に泣かされています。



サフ吹きの溶剤が悪さをしているんでしょうか?
予防法がわからないので、出たら埋めての繰り返しです。
ものすご~く綺麗にできた面にポツッと開いたりすると、
人生自体が嫌になって旅に出たくなります。

それでもあと少し。
あと1、2回のサフ吹きで終了のはず。

頑張るぞ!
    23:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
13
 
どうでもイイ事ですが、このブログも100回目になりました。
皆様、これからもよろしくお願いします。

さて、あくまでもメインで作っているのはズゴック。
地道に表面処理の毎日です。

2ヵ月に渡りひたすらパーツを研いできて、
最近ようやく「エッジ出しのなんたるか」の入口が見えてきた気がします。
己の中の「パーツの精度」に対するモノサシも厳しくなる一方です。
もうルーペ無しでは研ぎ出しはできません。

で、もう随分前になりますが、股間をいじりました(ズゴックの(笑))。
1/144νガンダムのパーツを流用。



こんな感じになりました。

SANY0818.jpg

作った当時は満足していたんですが、
どうも最近、この流用パーツのダルさが我慢できなくなってきました。

と言う訳で、作り直します。
こんな事ばかりやってると、いつまでたっても完成しなくなるんですけどね。

とりあえずココだけ。
・・・・・・多分、ココだけ(笑)。
    22:20 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
 
11
 
肩付け根ブロックには胸に繋がるアームが挟み込みになってます。

この部分は色を塗り分ける予定です。
可動部なのでマスキング処理にすべきなんでしょうが、
さほど力はかからない部分なので、練習として敢えて後ハメにします。

初挑戦なので、どの程度削ったらいいのか加減がわかりません。
慎重に、慎重に・・・



時間はかかりましたが、なんとかイイ感じになりました。
    23:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
08
 
それでは説明書の順に従いながら作業開始です。

まずは肩。



付け根よりも随分下がっていて頼りない感じがします。
いかにも「やられメカ」って感じです。
しかし、私が作るのはハマーン様専用機。
百式やZと対峙しても見下してしまう迫力が必要です。

と言う訳で、HJ誌にならい肩軸を上にオフセットします。

SANY0950.jpg

初挑戦でドキドキします(笑)。
エッチングソーで切り飛ばし、真鍮線で補強して・・・

できました!

SANY0956.jpg

どうせならと言う事で、思い切り上に取り付けました。
これでかなり印象が変わるはずです。

いやあ、楽しい!
こういった工作は少年時代にHJ誌の作例を見ながら、
是非いつかやってみたいと思ってたんですよね。
今回のガザCはそんな小さい頃の憧れを追体験する工作を
色々と盛り込もうと思っています。

しかし、まさか数十年後に実現するとは思ってなかったなあ。
作ってるのも20年前のアニメのキットだし。
懐メロ聴いて喜んでるオッサンのようですな(笑)。
    23:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
06
 
ズゴックの表面処理は進行中です。
しかし、こんな地味で神経を使う作業ばかりしていると
脳ミソも煮詰まってしまいそうです。

と言う訳で、息抜きも兼ねてガザCの制作も
少しずつ進めていく事にしました。
ズゴックの表面処理ばかりだとトピックが無くて、
ブログの更新もなかなかできないので一石二鳥です。

さて、現在進行中のズゴックは主に「精度を高める」改修をしています。
パーツの合い、エッジ、細部のディテール等にこだわり、
MG本来の「完成度」を更に引き上げる事に重きをおいています。

で、今回のガザCは「形を変える」改修を主題にしようと思います。
雑誌やネットでもよく見かける、「素組みと並べて立たせた状態」で
はっきりと違いがわかる「プロポーション変更」に挑戦する予定です。
前にも書きましたが、HGは構造が比較的単純なので、
そういった大胆な試みがしやすそうです。
ビギナーの私には、良い練習、経験になるのではないかと。

では、作業を始めましょう!
不定期更新になるとは思いますが、お付き合いよろしくお願いします。
    23:28 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
03
 
本日は友人宅にて
「ブライト艦長追悼・新訳Z三部作一挙上映会」
が行われました。

私は「星の鼓動は愛」初見です。
さすがに新作画は綺麗ですね。
特にガザCのやられっぷりは見事でした(笑)。

友人は昨晩の2時までかかってパラスとジオをロールアウト。
そのモデラー根性に敬意を表して記念写真を撮ってきました。

これです!



ジュピトリスコンビを従えた、我がパチ組みガザC!
素晴らしい!カッコいい!最高!

・・・なんて冗談やってたらマジで怒られそうなので(笑)・・・

SANY0946.jpg

ジオは40個程あるバーニアを全て開口したそうです。
パラスのメタリック表現もイカします。

こんな自作ショーウィンドウもあります。

SANY0943.jpg

この情熱には頭が下がります。
お互い「本命」の完成に励みましょう!
    23:36 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
02
 
さあ気分も一新、ズゴック制作の再開です!

しかし・・・

つ、辛い・・・。

楽しい仮組みから、一気に地味な作業に逆戻り。
久々の表面処理はやはり辛い。
なかなか気力が湧きません。

それでも残りはあと少し。
日中の気温も僅かだが下がってきたし、気合いを入れて頑張ろう。

写真はフンドシの下部をエポパテで延長した部分です。



ルーペを駆使して根性のエッジ出しです。
レンズを通してずっと凝視しているとクラクラします。

それでも頑張るぞ!
あと少し!あと少しだ!

まだだ!まだ終わら(以下略)
    23:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
01
 
仮組み完了しました!



SANY0926.jpg

いやあ、ホント今のキットは素でもカッコいいですねえ。
ディスプレイスタンドがまたイイ味を出してます。
ぶっちゃけ、このまま飾っててもいいなあ(笑)。

なんて言ってますが、実は既に大改修する気満々です。
HGの単純なパーツ構成ならではの、
大胆なプロポーション変更に挑んでみようかと思っています。
もちろん作業はズゴックの後ですけどね。
明日からはまたズゴックを頑張ります。

話は変わりますが、このガザCの仮組みの最後で、
小学生の頃から愛用してきたニッパーが息を引き取りました。

SANY0854.jpg

なけなしの小遣いで買い、当時真鍮線を切ろうとして
刃をガタガタにしながらも、ずっと使い続けてきたのですが。
なんだか感慨深いものがあります。
長い間ご苦労様でした。
    23:18 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
2006-09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード