MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
30
 
脚部もエバーグリーン製のプラ板を使ってディテールアップです。

左が今回削り出したモノ、右が前回の頭部用です。
同じプラ板でも使い方で違う表情が出ますね。



これを装甲装着時でも露出している側面に貼ります。

SANY0645.jpg

    23:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
さて、これまたほったらかしだった頭部内側のディテールアップも再開です。
クリアパーツは使わない予定なので、
その分「中身」にはできるだけ凝りたいと思います。

まず気になる部分。
モノアイレールの真ん中がのっぺりしています。



ここに少しディテールを追加しようと思います。
で、使うのがコレ。

SANY0613.jpg

友情パワーでゲットしたエバーグリーン製のプラ板です。
これを切ったり削ったりしたモノを貼ります。

SANY0641.jpg

全周貼っても良かったんですが、うるさすぎる気がしたので
あとは塗装工程以降にチョット手を入れる予定です。
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
さて、ほったらかしだった足首内側のディテールアップも再開です。



ご覧のように、ものの見事にのっぺりしてます。
バンダイには見えない内部メカの再現より、
こういった部分にこだわって欲しいものです。

以前、流用パーツを複製して使用すると書きました。
それだけでは唐突な感じになるので、
何か良い案はないかと色々考えていました。
で、側面にある配管状のモールドを、下部を彫り込むことによって
下側まで回り込んでいるように見せることにしました。

こんな感じです。

SANY0623.jpg

これだけでも内部メカと貼り付ける流用パーツとの関連性が出ると思います。
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
24
 
結局、ピンバイスによる開口は計48個(16箇所)になりました。
うるさすぎず、いいアイデンティティになったと思います。

しかし、制作を始めてからついに4ヵ月が経ちました。
最初は素組み+α程度で完成させるつもりだったんですが、
自分でどんどんハードルを上げていってるんですよねえ。

そんな訳で、ここ数日は最初の頃に仕上げた内部メカ等の
気に入らない部分を再び彫り込んだり削ったりしています。
完成度が上がるのはいいんですが、これではなかなか終わりませんね。

しかし、気になりだすとどうにも我慢できないのが私の性。
今日も足の甲のパーツの合いの悪さに気付いてしまいました。
で、削っては確認、削っては確認・・・。

左が調整前、右が調整後です。
(特に先端部分に注目)



う~ん、満足、満足。
・・・そりゃ終わらんわ(笑)。
    23:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
ガンプラ復帰の前、私はネットで様々なモデラーの作品を見ました。

その中で特に魅了されたのは、メタルビーズを使った金属表現です。
「俺もガンプラ作ってビシバシ埋め込むぞ~」なんて思ったものです。



それから数カ月・・・。
私の感覚も随分研ぎすまされてきました。

今では、「ビーズ?ぶっちゃけダサくね?」なんて思ってます(笑)。
てゆーか、市販のパーツをそのまま使う事すら否定したいくらいです。
(今回は各所に使ってますが・・・)
でも全体のアクセントに何かが欲しい。
さて、どうしたものか・・・。

突然、話は2ヵ月程さかのぼります。

ある日、テレビでニュースを見ていたら、
「人が海の中を自由に泳ぎ回れるメカ」が開発されたと報じていました。
その形なんですが、ぶっちゃけズゴックの背部パックです。
で、何か参考にならないかと興味深く見ていたんですが、
そのメカ、全体に丸い穴がいくつも開いていました。

なんの為の穴かは不明です。
しかし、それがとても印象に残りました。
上手いことズゴック制作に転用できるといいなあ。
なんて思いつつ、いつしか記憶の片隅に追いやられていきました。

そして、今日。
・・・そうだ!穴を開けよう!(笑)

と言う訳でピンバイスで各部に穴(排水口?)を開けることにしました。
しかし「ピンバイスで穴開け」・・・安易なディテールアップ法です。
「ビーズやパーツを埋め込む手間をはぶいただけやん、手抜きやん」(紳助)
なんて、思われても仕方ないでしょう。

で、少しでもクオリティを上げるべく、頑張って穴を三連にすることに決定。
全体の統一感を出すために、開口箇所は「装甲接合部の直後」に限定しました。
0.7mmのピンバイスを使い、胴体、背部パック、脚部に計30個(10箇所)。
さすがに集中力の限界を迎え、腕部は明日以降にします。

SANY0596.jpg

安っぽさもなく、イイ感じだと自画自賛。
頑張った甲斐がありました。
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
22
 
さて、作業は再開したのですが、各部の微調整作業が続いて
ブログに載せるようなトピックはありません。

という訳でこんな画像でお茶を濁しておきます。



とにかく、サフ吹きに向けて地味~な調整がいっぱい残ってます。
全行程の中でも「楽しくないゾーン」ですかね。
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
別事に追われて、前回の更新から全く進んでいません。

つい2~3日前にようやく再開したところです。
これじゃあサフ吹きは梅雨の真っ直中ですね。

う~ん、頑張らないと。
    23:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
01
 
ついに5月になってしまいました。
完成を急がねば。

先日、膝の後ハメ加工を施したので、
懸案の膝下内部メカの合わせ目消しができるようになりました。

しかし、これが大変で・・・。
パーツの合いが非常に悪い上に、合わせ目をモールド扱いしているため、
接合面がやたらデコボコと入り組んでいます。

ムニュ接着をして1週間乾かして、
さらに溶きパテを塗って数日乾かして・・・。
やっと作業開始です。

取り組むこと、のべ4時間以上(笑)・・・。
ようやく形になりました。



と言っても終わりではありません。
膝裏は常時露出しているのでディテールアップの必要があります。
あれこれ考えた末、とりあえず合わせ目の消しづらい微妙な
モールドを削り落とし、面をフラットにします。
で、PCで適当にディテールを作図し、プラ板を切り出します。

SANY0560.jpg

なんか可愛いな(笑)。
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
2006-05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード