FC2ブログ

MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
12
 
上腕に続いて、前腕でも延長工作をします。

ガザは手首の部分で色が違っているので、
この部分で切断してプラ板を挟みます。
分割することでマスキング塗装を省けるので一石二鳥です。



さて、ズゴックでは綺麗な円を出すのに苦労したので、
今回は事前にきちっとしたものを作っておきます。

プラ板を貼り合わせた物にランナーで軸を作り、
リューターを使った旋盤加工で寸法に合わせます。

SANY1320.jpg

これを切断したパーツの合わせ目に接着。

SANY1322.jpg

イイ感じに仕上がりました。
でもプラセメントで接着したので、表面処理は一週間後です(笑)。

こんな悠長な事やってるから、なかなか完成しないんですよね。
    22:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
31
 
本日は定番工作を一つ。

HGクオリティで手首関節部分が味気ない感じです。



で、手首の付け根部分をくり抜き、
市販のバーニアパーツで手首カバーを作成します。

SANY1224.jpg

定番と言っても自分でやるのは初めて。
楽しいです(笑)。
    22:57 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
29
 
前腕です。
肘関節部に変な段落ちモールドがあるのでプラ板を貼ります。
また、肉抜き穴が完成後にも隙間から見えてしまうので埋めます。



こうやって地道に完成度を上げていきます。

それからパーツを貼り合わせる前に関節内側を塗っておきました。
塗装色はファントムグレー+フラットベースです。

SANY1226.jpg

地道に、地道に。
    22:52 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
28
 
話はさかのぼりますが、今回このガザCを制作するにあたり、
実家から参考にと当時の設定資料を発掘してきました。

これがまあ、驚くほどいい加減なモノでした。
さすが「ヤラレメカ」ですね。

見比べると、このキットも相当アレンジされております。
アレンジというか「投げ出し感」すら漂ってます。
「元よりカッコいいからいいでしょ」って感じです。
こりゃ「設定に忠実に」なんて考えは捨てたほうが良さそうです。

と言う訳で、オレ流に(笑)進めたいと思います。

今回は肘関節です。



見るからに素っ気ないですね。
アーチ状のモールドは本来動力パイプです。
いい加減ですね。
しかも設定にある肘外側のパイプは無かった事にされてます。
こんなノリなので、好き勝手にモディファイします。

アーチの両端を残して削り、ピンバイスで開口。

SANY1203.jpg

ここにスプリングを仕込む予定です。

これは
「少年時代の憧れを追体験する工作シリーズ」(タイトル長(笑))
の第二段です。
近年の動力パイプの定番は更にモビルパイプ等を通すみたいですが、
当時の私の憧れは糸ハンダやスプリングそのものでした。
一度やってみたいと思いつつも材料が手に入らず断念したものです。

それが今じゃあスプリングも模型店で簡単に入手可能。
良い時代になったものです。

さあ!今こそ憧れを現実のモノにするのだ!

・・・・・。

狭い・・・小さい・・・入らねえ・・・。

以下次号!!
    22:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
肩の位置をかなり上げたので、腕を延長してバランスを取ります。

まずHJ誌に倣い、プラ板を使い上腕部で1ミリ延長。



こういった目指す形がはっきりした「理系」の工作は、
漠然と理想を模索しながら進めている頭部と違って楽です。

ガザCはこの種の簡単な改修だけで
サクサクっと完成させるつもりだったんですが・・・。

もう後戻りはできなくなってます(笑)。
    23:32 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
2020-05
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード