FC2ブログ

MGUC日記~ガンプラ制作記録~

 
20
 
穴はもう一つ開けなければなりません。
クリアボックス(小)の底面にフレキダクトを通す丸穴です。

丸穴はさすがにノコギリという訳にはいかず、
再びカッターで地道になぞっていきます。
ディバイダでアタリの筋を入れ、地道に、地道に。

日本×クロアチアの前半分の時間がかかりました(笑)。
でもとりあえず無事完了。



勢いに乗って、段ボールでこんなモノも作りました。

SANY0718.jpg

換気扇のフィルターホルダーとでも言いましょうか。
羽の中心部分が本体よりも前に出ているので、
こういったゲタを履かせる必要があるのです。

さあ、少しずつ完成が見えてきました。
    23:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
19
 
前途に大きな不安を抱えながらも先へ進みます。

クリアボックス(小)のフタに穴を開ける前に、
(大)の底面に固定して位置決めをします。
完成時の底面がフラットになるように、慎重に慎重に・・・。

そして固定用のビスを通す穴を4ヵ所開けます。
ピンバイスで徐々に開口していくんですが、
カッターであれほど切れなかったモノに穴が開くんだろうか?
・・・と思いきや、あっさりと貫通。
ここで後悔の念が頭をよぎる・・・・・それは後述。
で、ビスで仮止め、開口部のアタリを取ります。



う~ん、外側ができただけでなんだかワクワクするな(笑)。
こういう工作はプラモデルとは違った楽しさがあります。

さて、じゃあ問題のフタに取り掛かるか・・・。
しかしこのデコボコ、やはりカッターで切るにはかなり無理があります。

と言う訳で、チョットお試し。
アタリを取ったライン上にピンバイスで穴を並べて開け、
カッターで穴を繋ぎ、切り口を拡げます。
そこにノコギリを差し込み、ラインに沿ってギコギコ・・・。

SANY0741.jpg

簡単に切れました(つД`)。
最初からこうすれば良かったのね・・・。
なんかノコギリだと綺麗に開口できないかなあと思っててさ・・・。

とりあえず難関突破。
    23:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
18
 
まずクリアボックス(大)に換気扇をはめ込む穴を開けます。

そこでいきなり問題が発生。
換気扇の下に付いている引き出しスイッチが邪魔で、
取付位置が随分上の方になってしまいます。
当然、完成時に重心が上になってしまい、座りが安定しなくなります。
これは困った・・・。

スイッチを短くカットしてしまえばいいんですが、
貧乏性故、できれば換気扇は傷モノにしたくない。
逆さに取付・・・なんて一瞬思ったんですが、
それが原因で故障でもしたら・・・。

さんざん悩んだ末、ネットに解決策を求めました。
すると、自作してる皆さん、90度、180度回転は当たり前みたい(笑)。
多分、問題は無いのでしょう。
と言う訳で、天地逆に取り付けることにしました。

では作業開始。
寸法を出し、カッターで地道に切るんですが、これがまあ・・・。

切れん!全く切れん!

何だこの材質は、この厚みは。
100回以上カッターでなぞったでしょうか。
刃先もポキポキ折れてイライラも募る。
1時間半程かけてようやくできました。



ヘトヘトだ・・・。
しかし、コレと同じサイズの穴を
クリアボックス(小)のフタにも開けなければならない。
しかもフタは底面と違ってデコボコになっている。
カッターでなぞるって訳にはいかないぞ。
どうするんだこりゃ・・・。
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
17
 
実は既に材料は調達済みです。
地道にホームセンターを巡って安いモノを探しました。



クリアボックス(大) 798円
クリアボックス(小) 498円
アルミフレキシブルダクト(直経15cm) 1470円
ネジ、フィルターなど小物類 420円
換気扇(羽経15cm) ネットにて送料込み1400円

合計4586円。

市販品は1万円前後するので、約半分のコストです。
換気扇を安く買えたのが大きかったですね。
ホームセンターだと3000円弱はするので。
その分フレキダクトは奮発して大きいのを買いました。

さて、それではいよいよ製作開始です。
    23:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
さて・・・
ついに、いよいよ、本当に、
サフ吹きへの移行が近付いてきました。

と言う訳で、塗装環境も整えなければなりません。

サフ用ブラシは既に購入済みです。
コンプは・・・まだ決めてません(笑)。
塗装ブースは・・・

自作します!

市販品を買ってもいいのですが、やはり高い。
しかも吸い込み能力もいまいちだと聞きます。
部屋が汚れるのは極力避けたいです。

そこで自作です!

コストもさほどかからず、能力も市販品を遥かに凌ぐらしい。
これは自作するしかないでしょう。

この数カ月、ネットで情報収集に明け暮れました。
ブースには大別して二種類があるそうです。
「押し出し式」と「吸い込み式」。
市販のモノは大概「押し出し式」です。

換気扇を使って自作する場合は「吸い込み式」がベターなようです。
しかし「吸い込み式」は設置が面倒なのと、
操作を手元でできず不便そうなので見送ります。

で「押し出し式」で作ることに決めたのですが、
排気効率を良くしないと吹き返しがあるという弱点があるそうで。

果たして上手く作れるでしょうか?
まずは材料収集です。
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
2020-05
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】














プロフィール

M&K

Author:M&K
模型制作記録

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード